鼻の手術の種類

鼻茸切除術

鼻茸だけを切除します。小学生くらいの小児でも鼻茸が大きく、手術が必要になる場合があります。

術前

鼻茸は掘削機械のような専用の切除機器で、
安全にとることができます。

手術名 鼻茸切除術(はなたけせつじょじゅつ)
対象となる病状 鼻茸による鼻づまり
対象年齢 16〜70歳
意義 鼻の中にある鼻茸を切除し、鼻づまりの解消と炎症の軽減をはかります。
手術方法 鼻の中にある鼻茸を専用の鉗子やマイクロ・デブリッダーという新しい医療機器で切除します。
麻酔方法 局所麻酔(希望等により全身麻酔も考慮いたします。)
手術での危険性 特別なものはありません。
手術所要時間 30分程度
入院日数 1泊2日
手術費用 ¥40,000〜¥60,000
(鼻中隔矯正術、粘膜下鼻甲介切除術、鼻腔粘膜焼灼術という当院で同時に行われることの多い手術を含めた費用です。)
手術後の注意点 術後4〜7日間は鼻内に止血用のガーゼが入っています。
入浴は4・5日目から可能です。
飲酒、運動は2週間程度、禁止です。
事務系の仕事は術後5日目から可能ですが、止血用のガーゼのため、鼻が詰まって腫れているので、外見上、見苦しくなります。
術後の外来通院 約2週間【週2回(1週間)+翌週1回】
備考・その他の注意点 安静度等は鼻茸の大きさや場所によって大きく違ってきます。

手術一覧へ