鼻の手術の種類

粘膜下下鼻甲介骨切除術

粘膜の芯の骨を切り取り、減量をはかる方法です。1泊2日程度の短期入院で行うのが一般的です。

この手術は骨の成長段階にある時期に行われることはほぼありません。
高校生以上が適応となります。

術前

下鼻甲介が張り出して鼻づまりになっているのは、芯にある骨の角度や厚さが原因になっていることも多いのです。

手術方法

粘膜を切開し(図の向かって右は左下鼻甲介を切開したところ)、そこから骨だけを取り出します(図の向かって左は右下鼻甲介の骨を取り除いたところ)。

術後

下鼻甲介の張り出しや厚みは改善し、鼻づまりが解消します。

手術名 粘膜下下鼻甲介骨切除術(ねんまくかかびこうかいこつせつじょじゅつ)
対象となる病状 肥厚性鼻炎、特に芯にある骨が張り出している場合
対象年齢 16〜70歳
意義 張り出した骨を取り除き、下鼻甲介を減量して、鼻づまりを解消します。
手術方法 鼻の穴から2cm程度入ったところの下鼻甲介を切開し、芯にある骨を取り除きます。
腫れた鼻粘膜も必要に応じて、切除したり、焼灼したりします。
麻酔方法 全身麻酔(希望により局所麻酔も考慮いたします。)
手術での危険性 特別なものはありません。
手術所要時間 1時間程度
入院日数 1泊2日
手術費用 ¥70,000〜¥80,000
(鼻中隔矯正術、粘膜下鼻甲介切除術、鼻腔粘膜焼灼術という当院で同時に行われることの多い手術を含めた費用です。)
手術後の注意点 術後4〜7日間は鼻内に止血用のガーゼが入っています。
入浴は4・5日目から可能です。
飲酒、運動は2週間程度、禁止です。
事務系の仕事は術後5日目から可能ですが、止血用のガーゼのため、鼻が詰まって腫れているので、外見上、見苦しくなります。
術後の外来通院 約4週間【週2・3回(2週間)+週1・2回(2週間)】
備考・その他の注意点 術後1ヶ月程度は鼻の中にかさぶたが付着しますので、やや詰まり気味になります。

手術一覧へ